第25回定期演奏会 〜アルフレッド・リード氏を迎えて〜
ステージ練習の巻。

まずは午前の練習。吉澤氏によるレッスン。
リード氏登場。
やっぱり空気が違うんでしょうか。音がさっきとは違うバンドみたい。

「え"〜〜っっ、このひとほんとに80さいぃぃ〜〜〜???」
20才ほどサバ読んでんのか?ってなくらい、シャキシャキです。

しかも、とばすとばす.....。
速い曲は、指定テンポ+20くらいで振ってました。
テンポもとばすが、ジョークも飛ばす。
結構おもしろい。

そのうえ、声がでかい!曲についての指示もマイクなし。
ホントに80才なのか?

結局レッスンは4時間近くにも及び(!)、
リード氏よりも私たちの方がへたばってしまったのでした。
どこからそのパワーが出てくるんでしょう?
終わった後、何人かでリード氏とファミレスへお茶に行ったのですが、
リード氏はステーキとサラダを召し上がってました。
その姿は、やっぱり80才のおじいちゃんでした(笑)。
指揮台に立つと変わるんですねぇ。

本番をお楽しみに。